【新米ママ必見】産前、産後に感じる誰にも聞けない不安

AD
-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加しています!ぽちっと宜しくお願いします。



にほんブログ村







関連記事
産前のママさん情報まとめ

産後のママ、赤ちゃんの参考情報まとめ

育児にゆとりがでてきたらまとめ(ダイエットetc…)


関連サイト
ママ、関連グッズまとめ

ママブログ


この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「かわいそうっ!赤ちゃんの便秘はどうする?

BEFORE「赤ちゃんの過ごしやすいお部屋(お風呂編)

2016 05/19

赤ちゃんのお風呂、沐浴をしよう!

bc573b2452920f27caf9c09d6f6ad0a5_s.jpg


前回、沐浴環境についてみていきました。
今回はもっと詳しく赤ちゃんのお風呂、沐浴に注目していこうと思います。

沐浴は妊娠中の母親学級や出産時の入院中に沐浴指導を受けてその方法を初めて知ることになる人が多いと思います。
とくに初めての出産だと、沐浴指導を受けたもののなんだか不安だからもう1回やらせて!!!って気分になります(え?私だけかな?)

赤ちゃんが気持ちよくお風呂タイムを過ごせるどうかはママ&パパの手にかかっています!(笑)

もう1度見直してみましょう♪

AD


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3815029749953780"
data-ad-slot="9548831758"
data-ad-format="auto">



沐浴の準備



・ベビーバス
・バスタオル
・沐浴布
・ガーゼ
・ベビーソープ(沐浴剤)
・赤ちゃんの洋服
(・温度計)


ベビーバスに入れるお湯の温度は38~40℃位が適温です。
温度計がなければ、ママの手を肘まで入れて測ってください。
指先だけでは感じ方が違うんです。

ベビーバスとは別に洗面器にもお湯を準備しておきます。

ベビーソープ泡タイプのものが片手でもさっと洗えるので便利です。
慣れないうちは沐浴剤を使うのも方法です。
私も次男の時は手伝ってくれる人がいないし、長男の面倒もあるので、慣れるまでは沐浴剤を使っていました。
ただ、沐浴剤はやっぱり洗浄力が劣るので、脂漏性湿疹が増えた時にベビーソープと併用していました。

赤ちゃんの洋服はクッションなどの上にすぐ着れるように袖を通して重ねて置いておくと便利です。
おむつも忘れずに置いておきましょう。
その上にバスタオルを重ねて置いておくと、スムーズです。

沐浴布とガーゼをお湯の中に入れたら、あとは赤ちゃんの洋服を脱がせていざ入浴です!



沐浴の方法



私が右利きのなので、右利きで説明していきます。

左手で赤ちゃんの頭の後ろをしっかり支えます
長男の時はこの時に耳にお湯が入らないようにママの指でふさいで・・・と言われていたんですが、最近はそこまで気にしなくていいようです。
無理にふさがなくても耳の中まで入ることはないから、とりあえず首がぐらつかないようにしっかり支えることが大事です。

足からゆっくりお湯につけていきます。
沐浴布で胸からおおってあげると赤ちゃんも安心です。

まずは顔からガーゼで洗います。
右手でガーゼを軽く絞り、顔を拭いていきます。
目の周りは結構しっかり拭いて大丈夫です。
拭いたら洗面器のお湯で洗って絞る、拭いて洗って絞る・・・を繰り返します。

次は体です。
ベビーソープを泡立てて、首のしわ、脇、手の指の間、おまたの部分は垢やほこりがたまりやすいのでしっかり洗いましょう。
沐浴布は右からめくって洗ったら戻し、次は左をめくってというふうにすると赤ちゃんもびっくりせずに洗えます。
足まで洗ったら、泡をお湯で流し次は背中です。

右手を赤ちゃんの脇の下を支えてひっくり返します。
左手で背中や首の後ろを洗います。

泡を落とすときはガーゼを使うと、きれいに流せると思います。

最後にベビーバスからあげたら、新しいお湯を体に流して終了です!

広げたバスタオルに赤ちゃんを寝かせたら丁寧に拭いてあげましょう。
耳やお鼻をめん棒で拭き取ったり、退院してすぐのころはおへそのケアも一緒に♪

おむつをはかせたら、お肌のお手入れも忘れずに(^^♪



*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


我が家の息子たちは赤ちゃんの頃からお風呂が大好きでした。
沐浴時代もお湯につかると泣くこともなく、気持ちよさそうに入ってくれていました。

中には、お風呂が苦手な赤ちゃんもいると思います。

もしかしたら、ママやパパのつたない手つきに恐がっているだけかもしれませんが(笑)
そんな時は無理に石鹸を使って洗う必要もないし、首やおまたの部分をしっかり洗っていれば他はささっとすませちゃいましょう!

パパがいるときはパパに沐浴をしてもらってもイイですね。
パパにとっては赤ちゃんとの良い触れ合いの時間になります。
たどたどしいパパの手つきを写真や動画に収めておくと、大きくなった時の素敵な記念になりますよ~(*^_^*)



ブログランキング参加しています!ぽちっと宜しくお願いします。



にほんブログ村







関連記事
産前のママさん情報まとめ

産後のママ、赤ちゃんの参考情報まとめ

育児にゆとりがでてきたらまとめ(ダイエットetc…)


関連サイト
ママ、関連グッズまとめ

ママブログ


この記事と関連する記事

赤ちゃんのお風呂、沐浴をしよう!

(0)TB(-)

AFTER「かわいそうっ!赤ちゃんの便秘はどうする?

BEFORE「赤ちゃんの過ごしやすいお部屋(お風呂編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。