【新米ママ必見】産前、産後に感じる誰にも聞けない不安

AD
-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加しています!ぽちっと宜しくお願いします。



にほんブログ村







関連記事
産前のママさん情報まとめ

産後のママ、赤ちゃんの参考情報まとめ

育児にゆとりがでてきたらまとめ(ダイエットetc…)


関連サイト
ママ、関連グッズまとめ

ママブログ


この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「赤ちゃんのしゃっくりって苦しくないの!?

BEFORE「赤ちゃんの目が真っ赤!これなに?

2016 05/27

赤ちゃんの虫歯はキス?食事?遺伝?

d7402d2c8df686fd0edb7eda85661fd5_s.jpg


虫歯は遺伝するから!と思ってはいませんか?
はい、私は思っていました(笑)

乳歯が虫歯になる1番の原因はパパやママなどの大人が原因なんですよね。
最近はキスで虫歯になるらしいということがメジャーな情報になってきていますが、まだまだその詳しい対策については分からないという人も多いのではないでしょうか。

せっかく生えてきた可愛い乳歯を虫歯にしないために、虫歯について原因や対策を考えていきましょう。

AD


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3815029749953780"
data-ad-slot="9548831758"
data-ad-format="auto">



虫歯とは・・・?


虫歯は『ミュータンス菌』によって起こる感染症の一種です。
歯についた食べ物の糖分などを餌に酸を作って、歯の表面にあるエナメル質を溶かして虫歯になります。

その『ミュータンス菌』ですが、産まれたての赤ちゃんは持っていないんです。

では、なぜそいつが赤ちゃんの口の中に生息しだすのか?

それがパパやママ、もしくは兄弟の唾液から感染しているのです!
親兄弟だけとは限りません・・・おじいちゃんおばあちゃんやお友達だってその原因になりえます。


虫歯自体が遺伝することはありません。
ただし虫歯になりやすい体質というのは遺伝するかもしれません。
歯並びや唾液の量は人それぞれ違うからです。



感染経路から注意しよう


1番の感染経路である大人の唾液からまずは注意しましょう。

・チューはNG!
可愛い赤ちゃんについついチュッチュしたくなりますよね(>_<)
お口にしちゃうと感染の危険があるので、するならほっぺたへ♪

・同じ箸やスプーンもダメ!
ついついママが食べてるものをほしがったら、同じ箸であげちゃいそうですが、これもダメですよね。
昔、私の祖母が自分の口の中で噛み砕いたアーモンドを長男に食べさせてて・・・ショックを受けつつも「そこまでしてあげなくていいからね」と言うのが精いっぱいでした(-_-;)
これが義両親とかになると、それこそちょっと言いにくいですよね~~。
赤ちゃんの歯科検診などで乳歯の虫歯予防の冊子とかもらえるので、それを見せつつ予防線を張っておくといいかもしれません。


離乳食が進んでくると、おやつを食べるようになったり甘いものを食べる機会も増えてきます。
そこにも注意は必要です。

・おやつは時間を決める!
だらだらと長時間食べさせていたら口の中にずっと糖分がある状態になります、
すると、菌にとっては嬉しい環境になってしまいます。

・おやつに食べるもので予防する!
甘い飴やガムを長時間口の中にありますよね。
他にもクッキーやチョコは歯にくっつきやすいので口の中に残ってしまいます
逆にフルーツは自然な甘みで砂糖が入っていないのでおやつに最適です。
ゼリーやプリンも口の中に残らないので上記のものよりはよいかもしれません。

・食べた後はお茶などで流す!
まだしっかり歯磨きが出来ない赤ちゃんも食べたら、お茶や白湯でお口の中のものを流してごっくんするだけでも虫歯の予防になります。


そして、なんといっても大事なのは歯磨きです。
まだ生えたての頃は歯ブラシでゴシゴシ出来ないので、ガーゼなどで拭いてあげましょう。
生え始めから使える歯ブラシもあるので、慣れさせるためにも歯磨きにならなくても使っていくといいと思います。

1歳半検診で歯の検診もある自治体も多いと思います。
その時に要検査にならなくても、定期的に歯医者さんへ検診へ行ってフッ素を塗ってもらうのが虫歯予防には効果的です。

私の今住んでいる地区は乳幼児のフッ素は無料で出来ました♪
以前住んでいたところは確か1,000円かかったので、地区によって違うので電話で聞いてみるといいと思います。



虫歯だと思ったら・・・


すぐに歯科で治療をうけましょう。
乳歯は大人の歯よりもエナメル質が少ないため、虫歯になりやすいのだそうです。

また2歳くらいまでに虫歯になってしまうと、今後の虫歯になる確率も高くなりやすいそうです。
これから先続く虫歯予防のためにも虫歯菌を増やさないことが重要です。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


『虫歯』がうつるわけではないことはわかりましたか?

キスや同じスプーンを使うのはダメと書きましたが、私は過度に気にしすぎてストレスにならなくてもいいのかなぁと思います。

もちろん、注意するに越したことはありません!
ただ、せっかく可愛い赤ちゃんに思うようにスキンシップとれなくなってしまってはママやパパが可哀そうです(>_<)

たとえ、『菌』がうつってしまっても、そこから発症するまでには食べ物や歯磨きといった生活習慣がかかわってきます。

少し大きくなってきたらキシリトール製品も虫歯予防には効果的です。
赤ちゃんは自分で自分のことをできないので、悪いやつらからママが守ってあげましょう♪


ブログランキング参加しています!ぽちっと宜しくお願いします。



にほんブログ村







関連記事
産前のママさん情報まとめ

産後のママ、赤ちゃんの参考情報まとめ

育児にゆとりがでてきたらまとめ(ダイエットetc…)


関連サイト
ママ、関連グッズまとめ

ママブログ


この記事と関連する記事

赤ちゃんの虫歯はキス?食事?遺伝?

(0)TB(-)

AFTER「赤ちゃんのしゃっくりって苦しくないの!?

BEFORE「赤ちゃんの目が真っ赤!これなに?

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。