【新米ママ必見】産前、産後に感じる誰にも聞けない不安

AD
-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加しています!ぽちっと宜しくお願いします。



にほんブログ村







関連記事
産前のママさん情報まとめ

産後のママ、赤ちゃんの参考情報まとめ

育児にゆとりがでてきたらまとめ(ダイエットetc…)


関連サイト
ママ、関連グッズまとめ

ママブログ


この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「赤ちゃんのおへその手入れどうしてる?

BEFORE「赤ちゃんの咳が続くときどうすればいいの?

2016 06/15

赤ちゃんの保険ってどうすればいいの?

b25b9c65442a98373cc98b9fe97a6d0a_s.jpg


赤ちゃんが産まれると感動と大きな喜びを得ます。
そして、妊娠中はふんわり考えていたこれからの生活の大変さが現実的になっていくんですよね・・・(笑)

そんな中でこれからの生活を支える1つの方法として『保険』があります。
赤ちゃんのための保険としてよく聞かれるのは学資保険だと思います
保険の種類として生命保険や医療保険など様々あります。

実際に私も長男の時はいろいろと大変な時期だったので、保険を調べる余裕もなかったのですが、次男が産まれる前に自分たちの保険も含めて見直しをしました。

今回はそんな『保険』についてみていきたいと思います。

AD


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3815029749953780"
data-ad-slot="9548831758"
data-ad-format="auto">



赤ちゃんのための保険


赤ちゃんが産まれたときに私が考える保険として大きく2つあると思います。
医療保険学資保険です。

この医療保険・・・実際入る必要があるのかは個人の考え方次第です。

赤ちゃんには乳幼児医療費助成制度があります。
私の住んでいる福岡では、小学生に上がる直前の3月までは診療・入院ともに無料で受診できます。
入院に関しては最近、中学生まで無料になりました。
各自治体によって何歳までが助成対象になるかは違うようですが、この無料期間を過ぎてから考えても問題はないのかなぁと思います。

もし医療保険を考えるときは掛け金の安い共済が1番入りやすいです。
子ども限定の保険で月に1,000円ほどでかけれます。
共済のよいところは物損のときにも使えることだと私は思います。
将来的なことを考えて医療保険に入るのももちろん1つの手です。


そして学資保険ですが、こちらで迷う方も多いのではないでしょうか?
詳しくみていきましょう。


学資保険に入る理由


学資保険のメリットとしては、万が一私たち親に何かあった場合(死亡や高度障害等)に保険料の支払い免除で保険金を受け取れるということです。

子どもの教育資金として幼稚園から大学まで約1000万円が必要なのだそうです。
これは公立の場合で私立になると倍にもなるそうです。

元々たくわえがある人やきちんと計画的にお金をためられる人には学資保険はそう必要ないものかもしれません。
しかし、毎月自分で貯めていくのに不安のある人や銀行よりも良い利率で・・・と思っている人は学資保険をお勧めします。


学資保険に入るときに確認してほしいことは元本割れに気を付けることです。
今はどこの保険会社のHPやパンフレットを見ても返戻率が書かれているのでご存知だとは思いますが、この数字が100%以上で高いほど支払った総額より満期で受け取る金額が多くなるということです。

この返戻率は保険料の支払い方によっても変動します。
例えば、保険料を年払いにすると月払いよりも割引になるので返戻率もアップします。
また短期払いや一括払いにする場合も同じで支払保険料は少なくなり、返戻率が上がるのです。

・・・と言っても、そんないっぺんに払えないから学資保険にするんですけどね(笑)

それともう1つ、学資保険は生命保険料控除の対象になります。
普通に銀行で貯めていてはこの控除は受けられないのも魅力ではないでしょうか。


保険を選ぶときに・・・


学資保険なら返戻率を見て比較するのが分かりやすいですが、たくさんある保険から自分で探すのってとても大変ですよね。
実際、私も1人では絶対に決めれませんでした。

そんな時に役に立ったのが保険の総合比較サイトです。
自分の知りたい保険と保険料などを参考にいくつかピックアップして紹介してくれます。
そしてきちんと商品の説明をしてくれます。
なんなら、これからの生活についても相談に乗ってくれます!

保険マンモスの無料保険相談

こちらのマンモスさんご存知の方も多いかと思います。
プロのFP(ファイナンシャルプランナー)の方が保険の節約や保障についていくつかの保険会社から提案して頂けます。
保険加入を無理に勧められるわけでもなく、相談も無料です。

【FPのチカラ】

こちらもマンモスさんなんですが、なんと相談相手を写真やプロフを見て選べるんだそうです!
誰が来るのか分からない不安ってありますが、こちらでしたら自分で指名出来るので最初から安心して利用できそうですね。

【保険相談Navi】

こちらももちろん相談無料で自宅まできてもらえます。
『超』優秀なFPが相談にのってくれるのだそうです(笑)
店舗も多数あるので、来店しての相談も可能のようです。


子育て中のママは訪問して頂けると助かりますよね。
私の場合も同じママさんのFPの方に担当して頂けたので、子供の話で雑談も交えつつ、自分に合ったものに変更が出来ました。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


保険って人生で2番目に高い買い物だといわれているみたいです。
こどものこれからの将来のために、また自分たちの今後のためにもきちんと見直しをする必要があると思います。

お金に余裕が出来たら、手厚い保障に変えてもいいわけだし、現在の生活に合った保険を見つけて安心を買いたいですね。
そのためには正しい情報をしっかりと入手することです。
そんなときに1つの保険会社から話を聞くよりも複数の保険を紹介していただけるFPの人がいる会社は安心かな~と思います。

まずは試しに無料相談してみては?
私なんかの説明よりすごくわかりやすく説明してくれますよ(笑)






ブログランキング参加しています!ぽちっと宜しくお願いします。



にほんブログ村







関連記事
産前のママさん情報まとめ

産後のママ、赤ちゃんの参考情報まとめ

育児にゆとりがでてきたらまとめ(ダイエットetc…)


関連サイト
ママ、関連グッズまとめ

ママブログ


この記事と関連する記事

赤ちゃんの保険ってどうすればいいの?

(0)TB(-)

AFTER「赤ちゃんのおへその手入れどうしてる?

BEFORE「赤ちゃんの咳が続くときどうすればいいの?

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。